痴漢魔を逮捕に追いやったハナシ第7話

過去に起こった、実際の体験談です。

これまでのお話はコチラ
切迫妊娠中に不倫された話→第1話
再構築夫婦の話→第1話
シングルファザーになった話→第1話
前回の話を読む→痴漢魔を逮捕に追いやったハナシ第6話

まさかここにも被害者が!?

些細な行動が救いになる

まさかこんな近くに、
同じ被害者がいるなんて思いませんでした。

しかも友人の場合は
痴漢男がずっと後ろについてきていたみたいで…

恐怖は想像以上だと思います。。

しかし、ある車が男の不審な行動に気がついてくれたみたいで
徐行して痴漢男に一喝してくれたのです。

おかげで痴漢男は逃走し、友人は解放されました。

この一声がなかったら…
友人は本当に助かったと話していました。

痴漢被害者を救いたい。

不審な様子を見かけたら
声かけをして欲しいです。
「どうかしましたか?」
「大丈夫ですか?」

なんなら
「こんばんは〜!」
と挨拶でもいいと思います。

余計なお世話かな…?
痴漢じゃないのかな…?
そう思うこともありますよね。
でも、何もないならそれで良いと思います。

不審な人物なら、おそらく動揺するか逃走するでしょう。

捕まえられなくてもいい。
被害者を一刻も早く解放してあげたい。

皆様も、こんな場面に遭遇したら…
この漫画を思い出していただけると幸いです。

次の話→痴漢魔を逮捕に追いやったハナシ第8話

最後までお読みいただきありがとうございました♪

まだまだ駆け出しなので、認知度も低いのですが…
応援していただける方は、下のハートボタンを押してね♡

ランキングにも参加していますので、ポチッとしていただけると更新の励みになります!!

19+