切迫妊娠中にサレてた!第67話

再構築もお腹の子を産む決意も固まり、ようやく前に進み始めた私たち。

しかし、夫の性病疑惑は解決していないまま…
妊娠を継続と性病疑惑のことを相談しに再び婦人科を訪れます。

第1話から読む

性病問題は解決していない!

性感染症は本当に怖い。だからこそ早期発見を!

  • 夫が風俗に行き性病予防をしていなかったこと、
  • それを隠して私と関係に至り、その後妊娠したこと
  • 夫の隠部に怪しげな出来物ができていたこと。

    これらの疑惑があったので、婦人科で産むことの報告と一緒に相談をしました。

    妊婦検診の検査項目の中に、いくつかの性病検査は含まれています。
    しかし、妊娠中期や後期に検査するものもあり、
    いますぐ検査したければ、自費で性病検査をするしかないと言われました。

    性病に感染していれば、お腹の子に影響があるかもしれない…
    そう思い、自費での検査をすることに。

    自費での検査は2〜3万円程度でした。
    (病院により金額は異なると思います。)

    結構高いですよね…
    夫の行った風俗が2万円弱…
    そして、性病検査が夫婦で4万円弱…
    結構な出費に震えてしまいました…(怒りで)

    それでも検査しないことにはお腹の子の安全は保証できないし、
    受けることにしました。
    実際の検査は

  • 尿検査
  • 内診(検体を採取)
  • 血液検査
  • 喉の検体採取
    でした。

    喉の検体を採取するときに、うがいを30秒以上するのですが…
    つわり中の私には一番つらい検査でした…。

    今回のことで色々と調べて分かったことは、

  • 性感染症には、思ったより簡単に感染すること
  • 自分はどれだけ気をつけていても、パートナーが他で感染してくる可能性
  • 中には恐ろしい性感染症もあり、
    少しでも気になる症状があればすぐに病院で検査をするべき
    ということです。

    例えば、クラミジアというメジャーな性感染症は
    感染し放置していると卵管が詰まり不妊症の原因となることもあるようです。

    病気は早期発見、早期治療がとても大事だと実感しました。

    性感染症について
    ジャスミンレディースクリニックHP参照

    次回→自己肯定感の高い夫

    最後までお読みいただきありがとうございました♪

    まだまだ駆け出しなので、認知度も低いのですが…
    応援していただける方は、下記からフォロー&いいね!をお願いします。

    ランキングにも参加していますので、ポチッとしていただけると更新の励みになります!!

    Instagramで更新通知を受け取りたい方はコチラ⬇︎

    Twitterでも呟いてま〜す♪

    画像クリックできます

    1+





  •