切迫妊娠中にサレてた!第65話

産むか否か決断の日が迫るなか、
あるサレ妻さんの悩みをネットで見かけました。
第1話から読む

ある悩みが考えを変えるキッカケに

他人に人生を任せるより、自分がどうしたいか。

その日私は、専業主婦のサレ妻さんのお悩みを見つけました。

その方は夫に不倫され、問い詰めると離婚したいと言い渡されます。
不倫した夫にそこまで未練はないものの
離婚となるとこれから子供達と自分と生活していく必要があります。

夫からの養育費だけでまかないきれず…
仕事をするにも、これまでずっと専業主婦で生活しており
簡単に仕事も見つからないだろうと不安を抱え悩んでいました。

この悩みを見たときに、不謹慎かもしれませんが
自分が働いている状況に改めて感謝しました。

私は不倫発覚前から発覚後も、ずっと仕事を続けてきました。
眠れず辛い日々を過ごしていましたが、
それでも仕事に行き、表面上は元気なふりをして普通に仕事をしていました。

突然のフラッシュバックにトイレに駆け込み声を殺して泣いたり
職場の先輩に、夫が不倫していて辛い…と打ち明けたいと思ったり
そして、こんなに辛いのにもう仕事なんてできない!と辞めようと思ったことも何度も…

それでもいつ離婚になるかもわからないと思い、辞めずになんとか続けてきました。

もしも私が専業主婦で、夫の不倫が発覚したら…
おそらくネットで見たサレ妻さんと同じようなことに悩んでいたでしょう。

八方塞がりだと感じていた私の今の状況でも、
まだ道はあるのだと思いました。

幸いなことに私は資格があったので、
転職しても似たような環境で仕事することは可能です。
勤務時間や休日などの条件が合えば、子育てしながら1人で育てていくことも不可能ではありません。

その分給料が減っても、
節約して家も持て余すのなら貸したり売りに出せばいいと思うようになりました。
(それまでは、何がなんでもマイホームだけは死守したいと思っていました。)

そうすれば、お腹の子も産んで育てていける…!
問題の焦点を夫から自分に向けることで、この先どうしていくかという悩みに少し光がさしてきました。

これまでは、
夫がいかに反省して更生するか。
不倫を2度としないようにするためにどうすればいいのか。
夫が不倫を繰り返すような素振りがあるのなら、再構築しても意味がない。

このように夫の行動やこれからにばかりこだわって、悩んでいました。

夫が不倫を繰り返すなら、子供は3人も育てていけないかもしれない。
だからお腹の子は残念だけど諦めしかない…
といったような考えになっていました。

そうじゃなくて、私がどうしたいのか。

未来ばかり不安がっていても、明日には事故で亡くなってしまうかもしれないのが人生です。
先のことなんて分かりっこない。

じゃあ、後悔のない選択をしたいと思うようになりました。

次回→第66話

最後までお読みいただきありがとうございました♪

まだまだ駆け出しなので、認知度も低いのですが…
応援していただける方は、下記からフォロー&いいね!をお願いします。

ランキングにも参加していますので、ポチッとしていただけると更新の励みになります!!

Instagramで更新通知を受け取りたい方はコチラ⬇︎

Twitterでも呟いてま〜す♪

画像クリックできます

1+