切迫妊娠中にサレてた!第37話

義両親の前ではションボリして可哀想な自分を前面にだしていて
自分に都合の悪い事実は言わなかったり、卑怯な夫に内心イライラする私。

義両親が帰ったら、話し合いをするだろうと思っていたけど、
夫のその後の行動に怒りが爆発。

第1話から読む

何事も無かったかのようにふるまう夫

問題から逃げ続ける夫に、怒り爆発!

夫は義両親が帰宅するやいなや、家事育児をし始めました。
仕事を見つけては、あっちこっち動き回り…
私との話し合いから逃げているようでした

私もイライラと失望といろいろな感情で疲れ切っていたので
その日はもう話し合いはしませんでした。
しかし、その後も話し合いを避ける様子は変わらず…。

毎日、家事育児をめいっぱい頑張って、私と2人きりになる前に寝てしまうので、
話し合いの時間を持つこともできませんでした。

そんな夫の姿には、私と真摯に向き合う姿勢はみじんも感じられず…
またしても、イライラ…。

不倫発覚から続いていた不眠もあり、
私のストレスはすぐに溢れてしまいました。
夫がスヤスヤといびきを書いて寝ている姿を見て、
「なんで私は不倫に傷ついて、自尊心も奪われて、不眠でお薬を飲むような状態なのに
夫は見て見ぬ振りするの?」
と苛立ってきました。

我慢できず、寝ている夫を起こして、感情をすべて吐き出しました。
夫が何も無かったかのように振る舞っているあいだ、不眠に苦しんでいることに気がついて欲しくて、
睡眠薬を気付くようなところに置いていたこともありました。

しかし、夫は全く気がついていなかったようです。
ショックを通り越して呆れちゃいましたが、
このことで、直接訴えないと伝わらない。ということが分かりました。
そして、正直に思っていることを夫に伝えました。

「私は、今後2度と不倫で傷つきたくない。まだ決断はできないけど、
離婚しないならなぜ不倫をしたのか原因を知りたいし、解決策も考えたい。
だから、あなたが思っていること、隠れてしてきたことを教えて欲しい。
また後から嘘がバレて、失望するのは嫌なの。」と伝えました。

ここにきて、夫はようやく事態の深刻さに気付いたようです。
そして、やっと自分の口で本音を語り始めます。

次回→第38話

最後までお読みいただきありがとうございました♪

まだまだ駆け出しなので、認知度も低いのですが…
応援していただける方は、下記からフォロー&いいね!をお願いします。

ランキングにも参加していますので、ポチッとしていただけると更新の励みになります!!

Instagramで更新通知を受け取りたい方はコチラ⬇︎

Twitterでも呟いてま〜す♪

画像クリックできます

2+